現在公開されている日誌はありません。



                  
              〒666-0032  兵庫県川西市日高町4-1  tel 072-758-9450   fax 072-758-9798                                        

 

お知らせ

重要 新型コロナウイルス感染症流行期における出席停止の取り扱いについて(令和3年7月13日以降)
 

兵庫県に適用されていた「まん延防止等重点措置」が、7月11日の期限をもって解除されました。これを受けて、本市においては、兵庫県の対処方針に基づき、一部対策の見直しを進めているところです。

つきましては、新型コロナウイルス感染症流行期における出席停止の取扱いについて、一部変更します。本日児童に配布しました文書で一覧表の内容を改めてご確認いただきますようお願いいたします。

なお、学校においては引き続き、感染防止対策に取り組み、子どもの健康に留意しつつ円滑な学校運営を推進いたします。各ご家庭におかれましては、毎日の登校園所前の健康観察を、引き続き徹底するようお願いいたします。

この措置は令和3年7月13日より実施いたします。


こちらのファイルからもご確認いただけます。
 ↓
【保護者配布用】新型コロナウイルス感染症流行期における出席停止の取扱いについて-1.pdf
【保護者配布用】新型コロナウイルス感染症流行期における出席停止の取扱いについて-2.pdf
 

お知らせ

本校の電話対応時間
〇授業日の午前7時45分から午後5時45分まで
〇春休み・夏休み・冬休みは平日の8時15分から午後4時45分まで
〇日直代行員が勤務する土曜日の8時15分から午後4時45分まで(勤務しない土曜日もあります)

 

新着情報

 RSS

桜っ子だより

学校日誌
12345
2021/07/20new

1学期終業式

| by 校長

 1学期の終業式を迎えました。今日も全校児童が一か所に集まって集会をすることはできないので、校内放送を使って行いました。子どもたちには次のようなことを話しました。

 「今日で1学期が終わります。明日から夏休みです。楽しみですね。

  さて、この1学期に校長先生がみなさんに始業式や運動会や児童朝会でお話ししたことが、二つあります。覚えていますか?一つは、『ばら二本』の話です。『ばら二本 一本は花大にして 一本は小 大を誇らず 小なるを恥じず 力の限り 咲けるが美し』人には得意なこともあれば、苦手なこともあります。得意なことがあるからといってそのことを自慢するのではなく、苦手なことがあるからといってそのことを恥ずかしがることもありません。なぜなら、この桜が丘小学校には、一生懸命頑張っている人を責めたり、笑ったりする人は誰もいないからです。だから、得意なことでも苦手なことでも一生懸命にやることが何よりも大切だというお話をしました。このことは、2学期になっても、3学期になっても、この学校にこの校長先生がいる間は、ずっとお話しをしようと思っています。

 二つ目は、廊下は右側を歩こうというお話です。これは、桜が丘小学校3つの約束のうちの一つでしたね。廊下を走る人が減ってきたこと、そして走っている人を注意できる人が増えてきたことはとても嬉しいことだということもお話ししました。覚えていますか。でもね、1学期が終わろうとしているのに、まだ廊下を走る音が校舎の中から消えないことを、校長先生はとても心配しています。

   校長先生はね、この1学期のあいだ、なぜ、みなさんの中に廊下を走る人がいるのか、注意深く観察していました。廊下を走る理由は二つにしぼられます。それはね、急いでいるか、遊んでいるかのどちらかです。早く遊びに行きたい、次の勉強に遅れてしまう、廊下や教室で鬼ごっこをしていて鬼から逃げるためについつい走ってしまうのです。そして、この人たちに同じように言えることが一つあります。それはね、周りがよく見えていないということです。走るその先に、自分のやりたいことが待っているのですから無理もありませんね。廊下を走っていてつまずいて転んだり、人や物にぶつかったりするのは、このためです。周りがよく見えていないのです。

 でもね、本当にそれでいいのでしょうか。明日からみなさんが生活するのは、学校ではなく、お家や地域です。学校の廊下には、自転車もいなければ、バイクもいません。自動車もいなければ、トラックやバスも走っていません。でも、みなさんが過ごすおうちの周りの道路には、車もバイクもいっぱいです。学校の廊下とはわけが違うのです。周りのことに注意を払うことができないと、いったいどんなことになってしまうのでしょう。他にも、どんどん暑くなるので熱中症になる心配も出てきます。今まで晴れていたのに急に雷が鳴り出すことだってあるかもしれません。そう考えると、みなさんの身の回りには危険がいっぱいあるのです。しかし、水分補給をしましょう、雷が鳴るから安全な場所に入りなさいと言ってくれる先生は、夏休みの間は、みなさんのすぐそばにはいないのです。お家の人だって、お仕事に行ってずっと一緒にはいられないかもしれません。

 夏休みの間、一歩も外に出ずにいられますか?そんなのいやですよね。友だちとも遊びたいし、公園や図書館にも行きたいでしょう。そのためには、危険から身を守る力を身につけておく必要があります。先生やおうちの人に怒られるからではなく、なぜ、してはいけないのか、なぜ、守らなければならないのか、その理由を自分で考えて行動することが大切なのです。そのことをみなさんにわかってほしくて、夏休みに入るまでに、廊下は右側を歩くということを、みんなが守るようにしたかったのです。みんなが、自分のことや友だちのことを大切にするにはどうしたらいいかを考える練習がしたかったのです。明日からは、練習ではありませんよ。本番です。自分の命は自分で守る。命より大切なものはありません。どうか元気に、安全に、楽しい夏休みを過ごしてくださいね。2学期にまたあいましょう。」

 終業式の後は、夏休みのくらしや宿題について話があり、通知表「あゆみ」を担任から一人一人に渡しました。1年生は初めての「あゆみ」にドキドキ。「さんすうがんばったね」「おんどくがんばったね」と声をかけてもらうと、大きくうなずいて自分の席に戻っていきました。

 明日から8月26日(木)まで37日間の夏休みです。新型コロナの感染予防に努めながらの休みになりますので、制限されることも多いでしょうが、たくさんの経験をして、8月27日()に元気に登校してほしいと思います。よい夏休みを。
 最後に、1学期間子どもたちを支えてくださった保護者・地域の皆様に感謝を申し上げます。ありがとうございました。
終業式の日はじめての「あゆみ」下校


13:15
2021/07/19new

大そうじ

| by 校長
 梅雨が明けたかと思ったら、いきなり真夏がやってきました。「暑い、暑い」と言ってどうにかなるものではありませんが、ついつい口をついて出てしまいます。

 さて、明日に終業式を控え、今日は4時間目に大そうじをしました。毎日掃除をしていますが、机やイスの脚の裏、扉のレールや通気口など普段は手の行き届かない場所にはホコリもいっぱいです。今日は時間をかけて普段できないそうじにもチャレンジです。換気扇や扉のレールもピカピカになりました。子どもたちが帰った後に教室の床にワックスをかけるので、机もイスも廊下に出します。1年生には机はまだ重いので、二人で運びます。「うんとこしょ、どっこいしょ」どこかで聞いたことのある掛け声です。日本では、毎日そうじをすることが当たり前のようになっていますが、世界的にみると、子どもたちが学校のそうじをしている国はめずらしく、海外では専門の業者が行う国もあるそうです。子どもが学校のそうじを行うことについては賛否両論様々な議論がされているようですが、シンガポールでは身のまわりをきれいに保つ心構えを身につけてもらおうと日本を参考にすべての公立小中学校でそうじを取り入れたそうです。

 身の回りをきれいに保つということも大切ですが、ほうきで掃いたり、雑巾がけしたり、机を運んだり、トイレそうじをしたり、一生懸命にそうじに取り組む子どもたちの姿を見ていて、役割分担して協力する経験を積み重ねることで社会性が身についていくのだろうなと思いました。


大そうじ大そうじ大そうじ
大そうじ大そうじ大そうじ



15:23
2021/07/16

マグネットアート その後

| by 校長

 1学期も残すところあとわずか。今日を含めて3日となりました。夏休みに向けて学校の荷物を持ち帰るための大きな手提げ袋を持って登校する子の姿も見られるようになりました。昨日で1学期の給食が終わり、今日から午前中で下校することになります。長かった梅雨も明日で開けるのではないかと天気予報では言っています。これから家庭で過ごす時間が長くなりますので、お子さんと家庭での過ごし方について話し合ってみてくださいね。

 さて、617日のホームページで「マグネットアート」を紹介しました。期待してどのように変化していくか楽しみにしていたのですが、その後、作品の数が減ってしまいました。私が気付かなかっただけかもしれませんが、写真に収めることができたものだけご紹介したいと思います。2学期はどうなるでしょう。でも、期待を押し付けてはいけませんね。
マグネットアートマグネットアートマグネットアート

マグネットアートマグネットアート


09:10
2021/07/15

教育委員会学校訪問

| by 校長

 今日は川西市教育委員会の教育長さんと指導主事の先生が学校の様子を見に来てくださいました。各教室を回って、子どもたちの様子を見ていただきました。姿を見るなり、「こんにちはー!」と元気な声でごあいさつです。人懐こい桜っ子の良さがこんなところで出てきました。(今は勉強中だから、ごあいさつはしなくていいんですよ。授業に集中してくださいっ。)2年生の教室を見ている途中で、2時間目の授業が終わりました。後ろの棚の上から観察ケースを持ってきて何人かで覗き込んでいます。「何がいるの?」「トカゲ。校長先生、さわりたい?」さわりたくないとは言えません。てのひらに乗せてもらいました。まだ小さな子どものトカゲです。「人によくなれてるね。」「火曜日に畑でつかまえてきたから。」相当なかわいがられ方をしたのでしょう。おとなしいトカゲでした。目をじぃーっと見つめて、指導主事の先生にも、「さわりたい?」
 人懐こい桜小の子どもたちです。
教育委員会学校訪問教育委員会学校訪問
教育委員会学校訪問
今日の給食(1学期給食最終日)
1学期間おいしい給食をありがとうございました。
7月15日の給食7月15日の給食7月15日の給食
 牛乳  白飯
 そぼろ煮
 ゆばと野菜のおかか煮


13:14
2021/07/14

じゃんけん大会

| by 校長

 入道雲も現れ夏の青空になったと思ったら、午後からはあたりが急に暗くなり遠くで雷の音も聞こえてきました。雨雲レーダーで確認して「セーフ」と思っていても実際の空模様を見ると不安になります。子どもたちが下校するときに大した雨にならずほっとしました。

 今日7月14日は、日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」がアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた日です。昭和52年(1977年)と言いますから、今から44年前のことですね。「ひまわり」の名前は、植物のヒマワリから来ており、常に太陽を向いているヒマワリのように、地球の方向を向いているという意味が込められているそうです。「ひまわり2号」からは種子島宇宙センターから打ち上げられ、現在は「ひまわり8号」が気象観測を行っていています。すでにひまわり9号が打ち上げられ、来年、8号とバトンタッチをする予定なんだそうです。天気予報の精度が上がっているのもこの「ひまわり」のおかげですね。感謝、感謝。

 さて、今日は、桜小コミュニティ協議会主催でじゃんけん大会を行いました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、昨年に引き続きプール開放事業を行うことができなかったことから、子どもたちに何か楽しい思い出を作ってあげることはできないかと、このじゃんけん大会を企画してくださいました。密にならないように、また熱中症を防止するために、体育館で学年ごとに行いました。今日から7月20日の終業式の日まで学年ごとに行われます。今日は1年生と5年生です。はじめに、コミュニティ協議会の会長さんが「まわりの人に感謝すること」「『私がやります』という奉仕の心を持ちましょう」という社会生活を送る上でとても大切なことをお話ししてくださいました。いざ、自治振興会長さんとじゃんけん対決!「さいしょはグー、じゃんけんホイッ!」「イェーーッ!」じゃんけんするだけでも大盛り上がりです。思い出に残るよう一人一人に文房具まで用意してくださっていました。下校前のわずかなひととき、地域の方と楽しい時間を過ごすことができました。
じゃんけん大会じゃんけん大会じゃんけん大会
今日の給食
7月14日7月14日の給食7月14日の給食
 牛乳  食パン
 チーズ(スライス)
 ラタトゥイユ
 野菜スープ


16:52
12345